着痩せのポイント – 隠さず見せよう –

今回は、私が実践している着痩せポイントをご紹介したいと思います。着痩せと言えば、「隠す」ことを考える方が多いのではないでしょうか?しかし、私はあえて、「見せる」ことを意識して着痩せを狙っています。例えば、基本的に私はチュニックなどの長めのトップスをほとんど着ることはありません。なぜなら、チュニックを着れば気になる腰回りやお尻は隠れるかもしれませんが、重心が下がって見え、スタイルが悪く見えてしまう恐れがあるからです。それより、女性の華奢さを感じられる部分を見せるほうがグッと着痩せして見えますよ。例えば、鎖骨や手首、足首などを隠さない洋服を着ると驚くほど着痩せして見えます。カットソーやTシャツは、鎖骨が見える形のものを着るとスッキリ見え、上半身を華奢に見せることができるんです。そして、長袖のものを着る時は少し袖が短めのものを選び、手首を見せるとより着痩せ効果が期待できます。また、パンツやロングスカートを履く時はくるぶしまで隠れてしまわないものを選ぶと驚くほどスッキリと着痩せして見せることができます。このように、小さなポイントを押さえておくと、コンプレックスを隠さなくても着痩せすることができるので、ぜひ、「隠す」のではなく「見せる」ことを意識してファッションを楽しんでみてください。