大人女子に痛いコーデはこれ

オシャレに関心がある人は年齢は関係なく色んなファッションを楽しみたいと思いますよね。
特にセンスにも自信があるなら偏ったオシャレではなく、幅広いオシャレに挑戦したいと思うでしょう。
しかし、何を着ても可愛く見えるのは残念ながら20代までだと勝手に思っています。
いくらオシャレとセンスに自信があっても、やはり40代・50代になったらレディースファッション通販の服がオシャレ20代の頃と同じファッションでいると周囲からは痛いと思われてしまう可能性が大です。
例えば、スタイルは維持できているからといって40代になってからも膝上のミニスカートを履くのは正直自己満足だけで、見る人からは引かれているかもしれません。
また、若い頃のように露出が多めの服を着るのも同じことです。体型維持ができていればミニスカートや露出が多い服を着たくなるのも分かりますが、この2つは大人女子にはピッタリのコーデとは言えない気がします。
周囲から痛いと思われないように体型を強調する服を着るとしたら、落ち着いた色の体のラインが出やすいロング丈のワンピースなどがおすすめです。また、脚をさりげなく見せられる深めのスリットが入ったタイトスカートも大人女子向けでしょう。
40代・50代になったらファッションは「まだ着られる」ではなく「着られても昔と同じはやめておく」という考え方が無難だと思います。そのためには、ファッションに対して常に若作りを意識しないで落ち着きや年相応を意識すれば痛いと思われずに済むはずです。