オーバーサイズを着る3点ルール

体にぴったりしたボディラインの分かる服ではなく、今はオーバーサイズのゆったりした洋服が主流になっています。
ゆったりした服は体のラインが分かりにくいので、気になるパーツのある大人の女性にもおすすめですが、着方を間違えると隠したい部分が逆に目立つことにもなってしまいます。
大人の女性がオーバーサイズの洋服を着る時に押さえたいポイント、3点ルールについてご紹介します。

一つ目は、シンプルな色を選ぶこと。オーバーサイズは見た目にボリュームがあるので、形で遊ぶ分、色で遊ばないことが大事です。白・ベージュ・紺・黒などのベーシックカラーを選べば、見た目がうるさくならず、落ち着いて見えます。
色物にしたい場合はパキッとしたキレイ色か、寒色を選ぶと華やかになっていいでしょう。
避けたほうがいいのは、柄物です。もちろん柄にもよりますが、オーバーサイズ+柄物だと洋服のインパクトが大きくなってしまいがちなので、できれば単色がおすすめです。

ポイントの二つ目は、ちょっと質のいい服を選ぶこと。洋服の質は、他人から見るとかなりよく分かるものです。若い女性が着るようなブランド・プチプラではなく、できれば大人の女性向けの洋服を選びましょう。
質のいい生地が使われておりデザインも大人向けに考えられたカットになっているため、気になる体型をカバーしつつおしゃれに見せてくれます。

最後のポイントは、Iラインを意識してコーディネート全体のバランスをとること。
Iラインとは、全体を見た時にアルファベットのIのように、まっすぐストンとしたシルエットになることです。オーバーサイズの洋服をなじませるように、首にストールを巻いて垂らしたり、ロングカーディガンを羽織る、バッグは紐の長いショルダーにする、などIラインを強調するとオーバーサイズの洋服をうまくなじませることができます。

以上の3点ルール、「シンプルな色を選ぶ」「ちょっと質のいい服を選ぶ」「Iラインを意識する」を実践すると、大人の女性でも簡単にオーバーサイズの洋服を着こなすことができます。ぜひ取り入れて、体型をカバーしながらおしゃれを楽しみましょう。